ちょっとレトロなお酒のご紹介!
その名も「電氣ブラン」

388_587491704749060_4314886349498738338_n

デンキブランは明治の頃から浅草の代名詞とされてきた浪漫あふれるお酒です。当時ではハイカラのお酒として関心を集めたようです。ブランデーやワイン、ジン、ベルモット、キュラソーなどのカクテルで、その処方は未だもって秘伝となっています。
幻のお酒、悪酔いするお酒?また、太宰治の小説「人間失格」にも登場しており、「酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはないと保証し、……」と書いてあります。
当店も入荷して皆様をお待ちいたしております。是非、歴史の味にはまってみてはいかがでしょうか。

連日、たくさんのお客様よりお問い合わせをいただき、気を引き締めていかなければと思っております。
有難うございます。また、本日もサッカーA代表の試合がございます。

是非お立ち寄りいただき、お楽しみくださいませ。